「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
来たるべき時に備え、経験値を高め続ける掲載号:2019年1月

写真大

中野 貴英氏アステップ社長

(なかの・たかひで)1975年札幌市生まれ。札幌南高校、京都大学法学部卒業。銀行員、経営コンサルタントを経て、07年に北海道に戻り起業。16年法人化し「アステップ」設立。中小企業診断士。

「社員の『生産性向上』に着目して経営支援に取り組んできました。人材難となった今こそ腕の見せどころです」
 経営コンサルタントとして10年。18年は新規の依頼を受けきれないほど多忙を極めた。
 近年は働き方改革やAIの台頭、労働力減少など、社会情勢が変化。企業のニーズも多様化している。抱える悩みは〝十社十色〟であり、1つとして同じ答えはない。受注増は各社の経営課題に真摯に向き合い続けた結果だ。
 こうした企業マインドの変化は、経済産業省主管の「よろず支援拠点事業」でも実感した。同事業のチーフコーディネーターに抜擢されて5年、約2万件もの相談が道内企業から寄せられており、ここでの経験が現在の血となり肉となっている。
「20年以降、景気が後退するという予測もありますが、われわれの存在意義を示せるチャンスととらえています」

(五十音順)