「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 遺愛女子中学校・高等学校

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺愛女子中学校・高等学校
取材日:2018年5月

写真大 高体連壮行会式の様子

写真 毎朝礼拝をおこなう講堂と福島基輝校長

進学の〝先〟を見据えた人間形成教育を実践する

 1874年に創基された道内最古の女子校。今年の高校入学者は定員超の257人に達し、しかもその8割以上が第一志望での入学。英語科を1クラス増設するなど私立校では異例の人気となっている。
 今年度の進学実績は、一橋大学、お茶の水女子大学、東北大学、北海道大学、国際教養大学など国公立大学合格者が43人で、現役合格は39人。また、早慶、上智、ICUなど有名私大にも多数の合格者を出した。
 部活動では全道一の部員数を誇る吹奏楽局の活躍が目立つ。昨年度の全国大会では金賞相当の「連盟理事長賞」を受賞。今年は52人が入部した。運動部も軒並み好成績で、大半が全道大会に出場している。
 同校は、プロテスタント系ミッションスクールとして豊かな人間形成教育に定評がある。例えば、他校に比べて群を抜いて多い学校行事やイベントは、生徒自身が企画・運営。生徒の主体性を育みつつ、成功体験や達成感によって自己肯定を高めていく。
 また、ボランティア活動による国際交流にも積極的。その実績が評価され「観光庁長官賞」「日本港湾協会企画賞」を受賞している。
 福島基輝校長は「進学はゴールではなく手段です。学習だけでなく、さまざまな体験の中で将来の糧を見つけてほしい」と語る。

基本データ

企業名:
遺愛女子中学校・高等学校
住所:
函館市杉並町23‐11
TEL:
0138・51・0418
URL:
http://www.iaijoshi-h.ed.jp/
教育:中高一貫教育