「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 藤女子大学

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤女子大学
取材日:2018年5月

写真大 1944年生まれ。ドイツ連邦共和国ノルトライン・ヴェストファーレン州出身。68年聖アウグスティヌス哲学・神学大学哲学科卒業後に来日。72年南山大学文学部神学科卒業。78年グレゴリアナ大学大学院神学博士号取得。86年から南山大学文学部教授。93年より南山大学学長。08年から17年まで南山学園理事長。17年4月より現職。

写真 広大で自然豊かな花川キャンパス 写真 絶好のアクセスを誇る北16条キャンパス

知識を〝知恵〟に変えられる問題解決型の人材を育成

 ――貴学の使命は。
 マルクス 第4次産業革命に代表されるように世の中はグローバルに変化しています。この変化に対して迅速かつ正しく判断して対応するための確かな学力と、豊かな人間力を兼ね備えた女性の育成です。
 とりわけ正しく判断するために幅広く教養を学び、さまざまな世界観を知ってほしい。その上でキリスト教の世界観を参考にすることを望んでいます。
 ――判断力の乏しい学生が増えています。
 マルクス ですから教えるのです。確かな学力とは、判断するための知識を身につけ、知恵に変える力です。知識の詰め込みではなく、その知識を状況や相手の必要、社会の変化に応じて、知恵に変えることができる。そうした人間力豊かな女性を育てていきたい。
 ――考える力でしょうか。
 マルクス 名古屋で小学校の校長を務めていた時に大事にしていたのが「考える力」と「やさしい心」です。これはこどもから大人まですべての人が持つべきものです。考える力は言い換えれば問題解決型の思考です。問題を解決するためには、数学や国語などの基礎学力、そして学科に応じた専門的知識が不可欠ですが、それに劣らず、どこに問題があるか、どんな問題なのか、との気づきが必要です。こうした気づきは、まさに「やさしい心」から生まれます。
 ――今年はカリキュラムも大きく変えましたね。
 マルクス 全学共通の教養科目を取り入れました。この教養科目を土台にして、より専門性を高めるために文学部に7つの専修と、人間生活学部に6つの専修を設けました。学生が自分の学びをより専門的に推し進めることができるカリキュラムです。専門的な資格も取りやすくなりました。これも本学の強みの1つです。 
 保育学科ではこれまでの幼稚園教諭一種、特別支援学校教諭一種に加え、小学校教諭一種免許状取得に向けて申請をしています。合わせて「こども」と「教育」を体現する学科に名称を変更すべく申請をしています。
 ――学長就任から1年経ちましたが、課題は見つかりましたか。
 マルクス 2018年から新たな18歳人口の減少が始まりました。創立100周年を迎える25年には100万人を切ります。大学が選ぶ時代から、大学が選ばれる時代に変わりました。選ばれる大学であり続けるためには本学がこれまで以上に知識、学力を育てる力を付けていき、魅力を増していかなければなりません。そのためには教職員がこれまでにも増して、一丸となって、一体感を強めねばなければならないと考えています。
 この1年でよくわかったのは北海道における藤のブランド力の強さです。このブランドの上にあぐらをかかずに、危機意識を持って学部学科の垣根を越えて藤のブランドを強化していく。
 これからすべての学科の教員と懇談をして、教職員の知恵を集めようと考えています。それを参考に、新たな設計図を描いていきたいと考えています。
 ――留学する学生が多いですね。
 マルクス 長短含め、年間100名前後が留学しています。留学先の環境に順応することで学生たちは自信を付けます。また、1年間、実際に生きた英語を使うことで語学力が付きます。今後は留学生の受け入れを増やし、国際色豊かなキャンパスにしたい。
 ――明るいキャンパスですね。
 マルクス 学生たちとキャンパスで会うと、明るい声で挨拶してくれます。これは本学の強みですし、来校者も感心しています。
 施設面では文学部の教室が新しくなり、アクティブラーニングを推進するための環境も整いました。9月に完成する聖堂も楽しみにしています。

基本データ

企業名:
藤女子大学
住所:
【北16条キャンパス】札幌市北区北16条西2丁目/【花川キャンパス】石狩市花川南4条5丁目
TEL:
【北16条キャンパス】011・736・0311(代表)/【花川キャンパス】0133・74・3111(代表)
URL:
http://www.fujijoshi.ac.jp
教育:大学