「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 社員の健康管理が業績に直結!玄米酵素が健康経営サポートを本格始動

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の健康管理が業績に直結!玄米酵素が健康経営サポートを本格始動
取材日:2018年5月

写真大 北海道銀行でおこなわれた食と健康セミナー

写真 鹿内正孝社長 写真 道外でも開催。写真は東洋紡 写真 健康経営優良法人の認定を取得 写真 「ハイ・ゲンキ」シリーズ 写真 健康保養施設の「洞爺健康館」 写真 プチ断食合宿も体験できる 写真 全国で健康自然食料理教室を運営 写真 健康経営に「玄米酵素」を利用しているフジモト運輸(京都府) 写真 高齢者施設では社員とともに入居者に玄米酵素を提供

道内健康補助食品製造・販売大手の玄米酵素(本社・札幌市、鹿内正孝社長)が、創業から約半世紀に及ぶ食事改善のノウハウを活用した企業向けの「健康経営サポート」事業を本格的に始動させた。

【47年のノウハウを企業の経営に反映】

 少子高齢化の時代を迎え、日本企業にとって厄介な問題が浮上した。労働人口の減少による労働力不足だ。

 近年、社員の健康状態は、とりわけ労働資源が限られる中小企業にとって業績に大きな影響を及ぼすことが注目され始めた。 

 政府も新しい試みをおこなっている。それが経済産業省・日本健康会議における「健康経営優良法人」の認定だ。

 これは、健康診断の受診、食の改善、運動、メンタルヘルスなど20項目以上の基準を設定、それらをクリアした法人を優良法人に認定するもの。企業にとって社員の体と心の健康維持・増進が業績に直結。ひいては日本経済発展に欠かせないという視点によるものだ。

 玄米酵素では今年2月に「健康経営優良法人2018」(中小規模法人部門)の認定を受けている。全社員が食改善セミナーへ参加、検診受診率100%などの取り組みが評価された。

 同社は1971年の創業以来、47年にわたり健康補助食品である玄米酵素「ハイ・ゲンキ」を販売。

 一方で〝食の改善で真の健康をお届けする〟という理念のもと「食と健康セミナー」を実施。昨年度の開催は実に全国各地で年間1万9274回に及んでいる。

 また、東京・両国に「自然食レストラン元氣亭」「元氣倶楽部」、大阪・心斎橋に「GENMAIカフェ」「GENKIショップ」など、自然食品販売や料理教室も開設。洞爺湖畔には健康保養施設「洞爺健康館」「洞爺自然農園」を運営し、健康合宿などもおこなっている。さらに独自に玄米発酵食品「FBRA」(フブラ)の学術的研究も継続するなど、食事と健康にかかわる社会的貢献は特筆すべきものがある。

 鹿内正孝社長は「近年、企業経営において、社員の健康管理が見直されつつあります。これは生産性の向上や職場環境の改善はもちろん、企業価値を高め、優秀な人材を集める基盤ともなるのです。しかし多くの企業は、健康診断や禁煙活動など、例えるなら川下部分に止まっている。なぜか。健康の根源である食の基本、いわば川上の基礎知識を持っていないのが原因です。ファストフードやインスタント食などで崩れた栄養バランスが引き起こす〝未病〟を正しい食習慣で常にベストな体調に保つ。創業時から当社が蓄積した食改善と健康増進のノウハウを多くの企業と共有したいとの思いで始動したのが健康経営サポート事業です」と語る。

【万全の体制で健康経営をサポート】

「健康経営サポート」事業の概要については、次のようになっている。

①社員・社員の家族対象に食と健康セミナー・健康合宿・料理教室を開催②希望者には管理栄養士による個別相談を実施③玄米酵素商品の良さを理解した場合は、割引価格で提供。以上のように専門スタッフによる食改善に関するノウハウ、情報提供と「玄米酵素」で社員の健康改善をサポートする。

 長年社員の健康増進に「玄米酵素」を活用している運送会社「フジモト運輸」(京都府)では、玄米酵素を社員に無償配布するほか、年2回の食と健康セミナー受講を義務化。ドライバーの確保が難しいなかで「ベテラン社員も働き続けてもらえる」と高評価。

 また、兵庫県の高齢者施設「サンホームみかづき」では、社員のほか入居者にも玄米酵素を提供。セミナーには、社員の家族も参加して健康増進に成果をあげている。

 現在の日本の労働環境は、政府が「働き方改革」を推し進めるなど転換期を迎えている。あらゆる業界で人材確保が困難となり、恒常的な労働力不足は避けられない。社員の健康は、今や大きな経営課題の1つといえる。

 玄米酵素の健康経営サポートは、医学博士や管理栄養士、健康運動指導士などの豊富な知識と経験を持つスタッフをそろえ、同社のノウハウを余すところなく伝授。万全の体制で健康経営をサポートする。

■取材協力/玄米酵素 札幌市北区北12条西1丁目1-1 電話011-736-2345

その他