「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 池上学園理事長 池上公介氏感涙!日本民間教育大賞最高功労賞祝賀会

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

池上学園理事長 池上公介氏感涙!日本民間教育大賞最高功労賞祝賀会
取材日:2018年6月

写真大 50年間、支えて続けてくれた喜重子夫人への感謝の言葉を述べ、思わず感極まった池上理事長

写真 感謝の意を込めてサプライズで喜重子夫人に花束をプレゼント 写真 教育界に半生を捧げてきた池上公介理事長 写真 右から船橋利実衆議院議員、池上理事長、喜重子夫人、高橋はるみ北海道知事。祝賀会には道内外の政財界、教育界から約350人が集まった 写真 発起人代表の加藤欽也氏 写真 来賓挨拶に立った秋元克広札幌市長 写真 高橋知事 写真 会場内には授与された賞状や記念品が展示された

 日本民間教育大賞選定会議が主催する「2017年度日本民間教育大賞」において今年3月20日に池上公介池上学園理事長が最高功労賞を受賞。その祝賀会が6月20日に札幌市内のホテルで開催された。

【長年の尽力が評価され最高功労賞を受賞】

 日本民間教育大賞は学習塾業界広域9団体が協力して創設。民間教育とりわけ塾教育の発展に寄与した業界関係者を対象に贈られる。

2017年度の「民間教育最高功労賞」に池上学園を運営する池上公介理事長を選出。3月20日、東京都千代田区の学士会館で授賞式がおこなわれた。受賞理由は、北海道の民間教育・塾教育の発展に寄与、とりわけ中学浪人や不登校者の支援に奔走し、子どもの個性を褒めて伸ばす独自の教育スタイルは「池上方式」として全国的に注目されたことが評価された。

 6月20日には、池上理事長を囲む「池の会」会長の加藤欽也ほくていホールディングス社長らが発起人となり祝賀会を開催。司会は〝池上先生の専属アナ〟を自称するSTVパーソナリティーの牧泰昌氏。伊藤義郎札幌商工会議所名誉会頭ら道内外の政財界人、森本正夫北海道私立中学高等学校協会会長ら教育関係者など350人が集まった。

【子どもを救うためにさらなる努力を誓う】

 来賓の船橋利実衆議院議員は「偉大な功績を残された人と会うときは緊張しますが、先生は自分の思いを気さくに伝えたいと思わせてくれる人柄」と挨拶。高橋はるみ知事は「北海道命名150周年事業の基本に人づくりがあります。今回の受賞は長年、北海道の教育に携ってこられた情熱と実績、池上方式が評価されてのことだと思います」と祝福。また、秋元克広札幌市長は「子どもの生きる力を最大限引き出してくれるのが池上流。公の教育が届かないところに手を差し伸べていただき、ありがたい」と感謝の意を表した。

 謝辞で登壇した池上理事長は「教育に携わって50年。時代の変化とともに不登校児や発達障がいなど、いろいろな子どもたちの存在がクローズアップされるようになった。この子どもたちを救うために残りの人生を捧げたい」と挨拶。さらに「50年間、これまでがんばってこられたのも全て妻のおかげです」と喜重子夫人に感謝の言葉を述べ花束を進呈。夫人や司会者に内緒で自ら用意したサプライズに池上理事長の目からも思わず涙がこぼれ、会場を暖かい拍手が包んだ。

 祝杯の発声は加森公人加森観光社長。祝電には安倍晋三自由民主党総裁、麻生太郎財務相など、そうそうたる名前が。おひらきの挨拶には堰八義博北海道銀行会長が登壇し「多くの経営者を見てきたが、功績を残す人は志の高い人。池上先生、これからもご指導お願いします」と祝賀会を締めくくった。

 北海道の民間教育界に半生を捧げ、いまだ現役で最前線に立つ池上理事長。受賞の祝福と今後の活躍に大きな期待がかかる。

その他