「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 札幌駅前樽見おしりとおなかのクリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌駅前樽見おしりとおなかのクリニック
取材日:2018年7月

写真大 樽見 研院長 たるみ・けん/1991年札幌医科大学卒業。札幌いしやま病院副院長、札幌いしやまクリニック院長兼任などを経て、2016年同クリニック開院。日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医・指導医・評議員。日本外科学会認定外科専門医。医学博士。

写真 短時間での日帰り手術が可能

痛みの少ない「痔の日帰り手術」を実践

 樽見研院長は大腸肛門疾患の専門病院である札幌いしやま病院などで24年間、外科医として経験を積み、痔の手術数は約2万症例に及ぶ。2年前、痔に悩む人たちが気軽に立ち寄って的確な治療を受けられるようにと、JR札幌駅南口で開業。現在は土日の診療もおこなっている。
 痔の治療というと、多くの人が「即手術」「入院」というイメージを抱きがち。
「初期であれば注射による薬物治療で完治することもありますし、手術も痛みが少なく、ほとんどの症例は日帰りでおこなえます」と樽見院長。痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)などの手術は日帰りで実施している。
「麻酔は局所麻酔もしくは仙骨硬膜外麻酔でおこなっています。そのため麻酔による合併症はほとんどありません。時間も局所麻酔であれば術後すぐに帰れますし、仙骨硬膜外麻酔の場合でも2時間ほど休んで帰れます」
 痔はデリケートな部位の疾患だけに、外来をためらっているうちに悪化させてしまう例も多い。早期の的確な治療が第一だ。

基本データ

企業名:
医療法人社団 札幌駅前樽見おしりとおなかのクリニック
住所:
札幌市中央区北4条西3丁目 札幌駅前合同ビル9階
TEL:
011・209・2241
URL:
http://tarumi-k-cl.com/