「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 札幌霊堂

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌霊堂
取材日:2018年6月

写真大 札幌霊堂別院。地下鉄南北線「南平岸」駅から徒歩4分

写真 礼拝堂。阿弥陀三尊を安置 写真 納骨壇「Oタイプ」(195万円) 写真 Oタイプの納骨壇が並ぶフロア

2月に別院が誕生。8月まで創立40周年企画を実施中

 1977年の創設以来、宗教・宗派を問わず誰もが利用できる屋内型の納骨施設として知られている「札幌霊堂」。今年2月には北側駐車場の西奥に別院が完成。納骨御仏壇の受付を開始した。
 別院は鉄筋コンクリート構造の3階建て。ガラス張りのロビーは太陽光が降り注ぐ心地よい空間を演出しており、1階には管理事務室、礼拝堂、多機能トイレなどを完備した。全館バリアフリー構造となっており、車いすのまま上階、納骨壇へ行くことができる。
 また、2階には新型の4タイプの納骨御仏壇を用意。蒔絵師手書きの蓮模様を施した伝統的祭壇(Oタイプ・Fタイプ)と現代風仏壇(EAタイプ・EBタイプ)があり、EAタイプでは祭壇部分を木目調(EA1)か現代風(EA2)の2種類から選べる。
 大きさも遺骨の収蔵数が3つから6つのものまで用意されており、家族の事情などにより選択することができる。
 価格帯は90万円から195万円。年間管理費は1~2万円で、永代管理と有期限管理とがある。
 本館でも単身墓(55万円)から2~3世代用(330万円)まで各種タイプを用意しているので、一緒に見学したい。
 同霊堂は隣接して葬儀場の「札幌斎場」があるのが大きな特長。家族や親戚が多く集まる周忌法要の時などは会場として利用できると好評だ。
「札幌霊堂と札幌斎場は、同じ敷地内に隣接するグループ施設。お葬式から納骨、その後のお参りまで、故人と遺族とのご縁をつなぐお手伝いをさせていただいております」とは、両法人の代表を務める久末晃介理事長。
 開堂時間は、午前9時から午後5時まで。年中無休。見学希望者、資料請求は同霊堂まで問い合わせを。

基本データ

企業名:
札幌霊堂
住所:
札幌市豊平区平岸4条15丁目
TEL:
011・821・8086
URL:
http://www.reido.jp/
終活・法要・葬儀:法要