「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 札幌第一高等学校

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌第一高等学校
取材日:2018年5月

写真大 2年前に新校舎を建設。自習室やコミュニケーションモールも設けた

写真 浜館宏樹校長 写真 全生徒へタブレットPCの配布も2年目を迎えた 写真 野球部ほか全国大会で活躍する部活動が多い

国公立大合格者は過去最高13年連続で100人超

 高い進学実績と強豪ぞろいの部活動で知られる札幌第一高等学校。「目は高く足は大地に」の校訓のもと〝文武両道〟の実践校としての実績は周知の通りだ。
 近年向上を続ける進学実績では、国公立大学の合格者が13年連続で100人以上。特に今春は、182人で過去最高を記録。現役合格者も138人でこちらも過去最高を更新。また、北海道大学合格者が28人と前年から大幅に増え、道内私立高の合格者数では第1位となっている。
 同校では、北大合格者の地元学生の割合が4割に満たないことを受けて、昨年末に「HUPアッププロジェクト」を発足させた。このプロジェクトは北大合格へ重点的な対策をおこなうもので、今後も合格者の増加が期待できる。
 このほか、札幌医科大学4人、旭川医科大学医学部2人、岡山大学医学部1人など難関の医学系へも合格者を出すほか、慶應義塾大学4人、早稲田大学2人、青山学院大学3人、明治大学5人など難関私立大でも実績を上げている。
 大学付属校ではなく、併設中学校も持たない単独高校で、こうした圧巻の実績を残している理由には、独自のさまざまな取り組みがあるからだ。その代表例が目標を明確に定めた進路設定だ。
 同校では、難関国公立大学や医学部医学科を目指す「文理選抜コース」、部活動を続けながら道内外の国公立大学進学を目指す「文理北進コース」、個性や希望に合わせて大学進学を目指す「総合進学コース」の3コースを開設。生徒の目指すべき進路を、入学当初から明確化することで目標を達成させることに成功している。
 また、独自のサポートシステムも効果を発揮。講座制学習などで実力を養成する「学習コンパス」、生徒の長所や適正を見極め、個別面接などで的確な進路指導をおこなう「進路コンパス」の2つをリニューアル。
 さらに昨年度からは新大学入試制度の受験対策として、自分の得意分野を研究し、社会との関わりを掘り下げる「探究コンパス」も開始した。同時に電子黒板の教室設置と新入生へのタブレットPC導入も2年目を迎え、21世紀の社会に求められるスキルを身につけ、高校卒業後の進路を視野に入れた指導をおこなっている。
 一方、輝かしい部活動の実績では、公式野球部が春夏あわせて甲子園大会に5回出場。このほか、スキー、弓道、チアリーダー、バドミントン、陸上などが全国大会で活躍。吹奏楽や合唱など文化系部活も好成績を残している。

基本データ

企業名:
札幌第一高等学校
住所:
札幌市豊平区月寒西1条9丁目
TEL:
011・851・9631
URL:
http://www.kibou.ac.jp/daiichi
教育:高校