「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 天使大学

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

天使大学
取材日:2018年5月

写真大 武藏 学学長(むさし・まなぶ)1949年生まれ。75年北海道大学医学部卒業。同大医学部第三内科助教授、診療所教授、保健センター長を経て、2013年天使大学看護栄養学部栄養学科教授に就任。14年4月に学長就任。

写真 学園内に構えたチャペル。さまざまなミサ(儀式)がおこなわれている

〝愛をとおして真理へ〟を胸に他者に仕える人材を社会へ

 ――貴学の使命は。
 武藏 建学の精神である〝愛をとおして真理へ〟のもと、主体性を持ち全ての人に対して、平等に貢献する専門職者の養成を目指しています。
 本学が養成する看護師と管理栄養士は、人と直接かかわる職業です。医療技術が発達した現代においても、それは変わりません。したがって、これらの専門職者には、知識や技術はもちろん、相手を理解するための洞察力、尊敬や愛を持って接する「人間愛」の心が必要と考えています。
 ――そのためのカリキュラムは。
 武藏 専門的な授業はもちろんですが、教養教育を通して、豊かな人間性を育んでいます。本学の教養科目は1~2年時に「人間と宗教」「人間と文化」など、全7領域を設けています。これらは、自分を見つめ直すと同時に他者の価値観を知ることにつながります。早期に豊かな人間性の土台をつくり、将来自分が〝どんな専門職を目指していくか〟というイメージを具体的にさせます。
 ――学内行事も特徴的です。
 武藏 4月にキリストの復活を祝う「イースターの集い」をはじめ、12月は神父と祈りを交わす「クリスマスの集い」、年に1回おこなう宿泊研修「修養会」などがあります。看護学科では、学生にナースキャップを贈り誓いの言葉を宣誓する「戴帽式」や栄養学科は、専門職を目指す決意を新たにする「フード&ライフステップアップセレモニー」をおこなうなど、ミッションスクールとしてどれも重要な儀式です。
 また、大学では珍しい合唱コンクールも毎年開催しています。ともに協力し合うことの難しさや大切さを学び、学生同士の結束につながります。
 ――実習も多い。
 武藏 3~4年次は、臨地実習がメーンになります。看護学科では「母子、成人、老年、精神、在宅」の領域別に学びます。また、複数患者の受け持ちや夜間看護を体験し、看護チームとしての役割も学びます。
 栄養学科は、病院、福祉施設、小学校や保育所、保健所などさまざまな場所で実施しています。国の規定(4週間)を大きく上回る最大9週間の実習がおこなえるので、通常の実習よりも深く学ぶことができると言えるでしょう。
 ――両学科の連携も特徴です。
 武藏 〝看護栄養学部〟の特色を生かし、3年次は「栄養・看護演習」をおこないます。両学科生が、看護師と管理栄養士それぞれの専門性を理解し、栄養と看護の関係について学びます。
 また、4年次は「合同特別演習」を設けています。臨地現場にて学科混成チームを編成し、健康障害のある対象者をアセスメントから計画、実施、評価まで実践します。
 嚥下障害を例にすると、看護学科生が病態を調べ、それをもとに栄養学科生が献立をつくる。互いに意見交換をしてケアの方向性を探っていきます。すると患者への配慮など、互いに専門性が違うと視点も異なることに気づきます。これを踏まえ、さまざまな角度から患者をみることが大切だということを学んでほしいと思います。
 ――国家試験の合格率も好調ですね。
 武蔵 今春の看護師試験は、本学受験生のほぼ100%に迫る85人が合格。管理栄養士は全国平均に迫りました。一方、大学院の助産師は100%で、保健師もそれに近い合格者数です。
 ――課題は。
 武藏 大学院の充実です。本学は「看護栄養学研究科」と日本で唯一の専門職大学院の「助産研究科」を設置しています。大学院は研究者ならびに高度専門職を養成するところですが、その充実を図る必要があると感じています。今いる教員もいつかは交代します。だからこそ次世代の教員を養成し、建学の精神をつなぎ、使命を全うできる者が必要です。
 ――他には。
 武藏 少子化の中、大学が存続していくために財政面を強固にする必要があります。本学は学生数が約800人と他大学に比べて小規模。そのため定員増も視野に入れています。それに伴いハード面を整備する予定です。
 ――具体的には。
 武藏 今秋から体育館と2号館を取り壊し、新棟を建設します。
新棟には図書館、ラーニングコモンズ、体育館が入り、竣工は2020年2月を目指しています。ここ数年は学生から「実習スペースが足りない」といった要望が上がっていたので、そういった声に応えるためにも建設を決めました。
 ――学生が過ごしやすい環境づくりに定評があります。
 武藏 各学年ごとに4~5人の「学生支援教員」を設けています。
いつでも勉学や進路など困ったことがあれば質問できます。また、カウンセラーが常駐した「学生相談室」も設置し、健康上のことなど、さまざまな悩みを相談できる体制も整えています。
 ――今後のビジョンは。
 武藏 地域に開かれた場所にしていきたい。新棟の図書館をはじめ、食堂の一般開放など地域住民が気軽に利用できる場にすることで、地域との結びつきを強めていきます。

基本データ

企業名:
天使大学
住所:
札幌市東区北13条東3丁目1‐30
TEL:
011・741・1051
URL:
http://www.tenshi.ac.jp/
教育:大学