「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 土屋ホーム リズナス事業部

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

土屋ホーム リズナス事業部
取材日:2018年8月

写真大 札幌市東区本町2条2丁目にあるリズナス事業部のモデルハウス

写真 「プレディ」はクロス壁材をあえて用いず木の経年変化や塗装を楽しめる

高品質でリーズナブルな「LIZNAS(リズナス)」。4スタイルの家づくり

 1969年6月に創業した土屋ホームは、来年節目の50周年を迎える。同社を表現する上で外せないのが最先端の省エネ技術だ。木造軸組構法を大きく進化させた外断熱「BES―T構法」をはじめ、北海道の省エネ部門賞を受賞している「積雪寒冷地型ネットゼロエネルギーハウス」など、画期的なシステムを次々に開発。国内のエコ住宅市場を牽引している。
 その同社が「本当に価値のある家を、お手頃な価格でお届けしたい」という思いから誕生させたブランドが「LIZNAS(リズナス)」だ。
 これまで積み上げてきた独自の技術やノウハウを生かした上で、 精緻な計算に基づいたデザインで空間のムダをカット。建築費用も大幅に削減することに成功した。つまり〝土屋イズム〟を継承しながらも、少子化、核家族化という時代の流れにマッチした高品質でリーズナブルなシリーズだ。
 家づくりそのものを楽しく、わかりやすい4つのスタイルで提案しているのも特徴だ。
 例えば「エル・ブリック」は、ベースとなる間取りプランを16パターン用意。家族のライフスタイルに合わせて仕様を自由に組み合わせることで、家族それぞれにふさわしい住宅を創りあげていく。
「プレディ」は、クロスやタイルなどの壁材をあえて用いない〝あらわし〟状態を生かした住まい。木材特有の経年変化を生かすのも良し、壁を塗装するのも良し、DIYで手を加えるのも良し、という新感覚のコンセプト住宅だ。
 また「ラクシス」は、一流ホテルのような非日常を再現するために「ラグジュアリー」「リラックス」「オアシス」の3つのテーマを持つインテリアデザインと、8タイプのプランを用意。ここにオーダーメード感覚でオプションを組み合わせ、理想の住まいを完成させる。
 さらに「リュッケ」は、北欧の人々の暮らしから着想を得たプランで、ゆとりのLDKと個性的なキッチンタイルや壁紙が特徴。
 このリズナスを実際に感じられるように、同社では市内各所にモデルハウスを設置。ホームページではVR技術を利用し、モデルハウス内を体験できるサービスもおこなっている。

基本データ

企業名:
土屋ホーム リズナス事業部
住所:
札幌市北区北9条西3丁目10‐1小田ビル6F
TEL:
011・776・6013
URL:
http://www.tsuchiyahome.jp
住まい:一戸建て