「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > コロナ札幌支店

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ札幌支店
取材日:2018年5月

写真大 地中熱でと空気熱でピーク電力の抑える「ジオスハイブリッド」

写真 新工法開発で掘削深度はわずか10メートル。杭施工時の導入で大幅にコストを削減

空気熱と地熱のハイブリッド冷温水システムが補助金対象

 革新的な技術開発で新エネ市場を席巻するコロナ(本社・新潟県三条市)。世界で初めて家庭用ヒートポンプ「エコキュート」を開発、製品化したことでも知られている。
 一昨年には空気熱と地中熱を利用する家庭用冷温水システム「ジオスハイブリッド」を発売。昨年には新工法「パイルファイブシステム」を開発し、市場に投入している。
 この新工法は、6本の杭を10メートル埋めることで採熱が可能。50~100メートルの掘削が必要だった従来工法に比べ掘削費用を4分の1に削減している。札幌市とノーステック財団の技術支援も受けており、今年度からはZEH(ゼロエネルギーハウス)の地熱採用要綱の対象として定額90万円の補助金が受け取れる。
 また、同社では太陽光発電買取制度の保証期間が終了する「19年問題」にも備え、対象住宅に対してコロナエコキュートや寒冷地エアコン「冬暖」などを提案。自己循環型住宅へ向けたアドバイスとサポートもおこなっている。

基本データ

企業名:
コロナ札幌支店
住所:
札幌市白石区平和通16丁目南1‐19
TEL:
011・864・0440
URL:
http://www.corona.co.jp 
エコロジー