「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ごうだ整形外科

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ごうだ整形外科
取材日:2018年7月

写真大 合田 猛俊理事長 ごうだ・たけとし/1993年岩手医科大学医学部卒業。同年4月に北海道大学病院整形外科入局。北海道がんセンター、長沼整形外科勤務を経て16年にごうだ整形外科を開院。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

写真 国道12号線沿い、駐車場は50台完備 写真 経験豊富なスタッフがリハビリを担当 写真 開放感のある吹き抜けの待合室

多角的な治療で痛みのない快適な生活を取り戻す〝総合整形外科医〟

〝まちの総合整形外科医〟として岩見沢市で整形外科全般の治療に当たる合田猛俊理事長。専門分野に特化した医師が大半を占める整形外科において、質の高い全身疾患治療をおこなう希少なドクターだ。特に患者の痛みや日常生活動作における不調の解消に力を注いでいる。
「手術をしてから10年以上痛みやしびれが取れない、または、これ以上改善しないなどと感じている患者さんには新しい治療法の提案を積極的におこなっています。整形外科の治療に加え、ペインクリニックや心療内科的な側面からも症状にアプローチします。患者さんとともに、症状改善をあきらめない治療をおこなっています」と合田理事長。
 その1つとしておこなっているのが「神経ブロック療法」。痛みの原因を引き起こしている神経に麻酔をすることにより、痛みを和らげる治療法だ。急性腰痛などの瞬時に激しい痛みを伴う症状はもちろん、長年の投薬やリハビリでは全く効果を感じていなかった患者からも、症状が改善したという声が多い。
 同院でおこなう神経ブロックは大きく分けて4種類。痛みが出る箇所や症状によって使い分けている。
「神経ブロックは原因を取り除く治療法ではありませんが、症状を改善する1つの手段です。さまざまな理由で手術が受けられない人や術後の経過が思わしくない人、神経痛により満足に睡眠が取れない人などには特に有効です」
 他にも、関節注射やリハビリテーション科での運動療法、生活習慣改善のサポート、装具治療なども実施。これらの保存療法では効果が望めず手術が必要なケースには、連携病院の設備を使った手術や症状にあわせた適切な医療機関を紹介している。
 また、上肢、下肢、脊椎など全身疾患において豊富な経験を持つ合田理事長は、整形外科分野だけでなく、大動脈瘤やがんなどの早期発見にも尽力している。
「痛みやしびれはあらゆる病気のシグナル。MRIやレントゲンなどの検査結果を踏まえ、全身を診ることで早期発見に努めています」
 同院では9月から新規患者も利用可能なWeb予約サービスを開始。待ち時間を短縮し、より快適な診療を追求している。

基本データ

企業名:
医療法人社団GOZEN ごうだ整形外科
住所:
岩見沢市大和3条9丁目16番
TEL:
0126・32・5050
URL:
http://goda-ortho.jp/