「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > おくしば眼科

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

おくしば眼科
取材日:2018年7月

写真大 奥芝 詩子院長 おくしば・うたこ/1984年東京女子医科大学卒業。札幌医科大学眼科勤務を経て、92年から市立札幌病院に勤務。2010年から同院眼科副部長。16年9月おくしば眼科開業。日本眼科学会認定眼科専門医。

写真 最新の手術機器を使用 写真 丁寧な対応とハイレベルなサポートを両立しているスタッフ

網膜硝子体治療で豊富な実績。症状にあわせた術後ケアに注力

「短い待ち時間、少ない通院回数で質の高い検査・治療を提供したい」との思いで2年前に開業したおくしば眼科。
 奥芝詩子院長は、全国屈指の網膜・硝子体センターとして名高い市立札幌病院に22年間勤務し、眼科副部長を務めた実力者だ。これまで2000例以上の硝子体手術を手がけており、難治症例の治療実績も豊富。現在もその手技を求めて全道から多くの難症例患者が訪れている。
 同院では加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、近視性脈絡膜新生血管などの網膜疾患の診断から治療までが1日で完結可能。遠方の患者や高齢者の通院負担低減に力を注いでいる。
 白内障手術は「極小切開無縫合手術」で実施し、患者の負担を軽減している。最新の超音波手術機器を使用し、手術室の空間洗浄度は大学病院並みの「クラス10000」で、徹底した感染予防をおこなっている。開院からこれまで感染症や術後合併症の発生は全くない。
 術後の視機能に大きな影響を及ぼす眼内レンズの選定にも余念がない。眼軸長測定には超音波Aモードによる測定と光学式測定の双方をおこない、患者が思い描くライフスタイルにあった度数のレンズを選定している。乱視の矯正が可能なトーリックレンズにも対応している。
「治療の質はもちろんですが、術後のケアを充実させることで安心して長く通える空間を目指しています」と語る奥芝院長。
 その一環としておこなっているのが残された視機能を最大限活用する「ロービジョン外来」。緑内障による視野狭窄、加齢黄斑変性などの網膜疾患が原因の視力低下、病的なまぶしさなどに関する相談を受け付けている。患者の症状にあわせて遮光眼鏡やルーペ、拡大読書器を選定し、治療後の職場復帰や趣味の再開を助ける。スタッフが国内第一線の病院で研修を受けており、より質の高いロービジョンケアを目指している。
 奥芝院長は「硝子体手術が必要な時には市立札幌病院と連携し、開放病床を利用しています。眼瞼下垂症などの外眼手術、白内障手術、硝子体注射、ロービジョンケアなどの全てに自分でかかわれることが勤務医時代との大きな違いで、患者さんに喜んでいただいています」と開業後の2年間を振り返って話す。

基本データ

企業名:
おくしば眼科
住所:
札幌市中央区北11条西14丁目1‐1 ほくやくビル2階
TEL:
011・707・8181
URL:
http://okushiba-eyeclinic.com