「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月号 シタビラメ

 各地の沖合でヒラメ釣りが盛況だ。カレイとは異なりバケという独特の仕掛けで釣るのだが、魚体をくねらせて暴れ回るので引き味満点。晩秋まで続く船釣りファンの人気魚だ。
 このヒラメに交じって函館など道南の海域で釣れるのがシタビラメという魚。ヒラメ科でなくウシノシタ科に分類され、これを初めて釣った人は「なに、この魚。気持ち悪い」と思うに違いない。
 その気持ち悪さは古代から進化していないような原始的な形態にある。ぬるぬるとした表皮に退化したような目と尾ビレ。ウシノシタ科というように牛の舌にそっくりなのだ。ただ英名は牛ではなく靴底となる。日本でも靴底魚とか沓底魚と書き、こちらも靴に例えられている。
 砂泥地の海底に住み、昼はじっとして動かない。夜になると海底を這うように泳ぎ回り、カニ・エビ・小魚からヒトデまで食らうどう猛さ。その上、獲物を得る際は上にのしかかり、パクリと飲み込んでしまう。仲間も多くいて、世界には400種以上、日本近海にも20種ほどいて、中でも黒ウシノシタと赤ウシノシタの種が多い。
 代表的な料理は言うまでもなくムニエル。フランス人の大好物で、ドーバー海峡で獲れるものが最高とこだわりがある。日本でもムニエルを好む人が多いが、刺身にしたり煮付けやワイン蒸しにする。