「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月号 オショロコマ

 川面を渡る涼風が心地よい季節になり北海道も渓流釣りの季節である。中流から下流に住むヤマベ類、さらに上流を泳ぐイワナ類と分かれるが好んで上流に進み冷水に下半身をあずけサオを振る。そのターゲットはオショロコマ。なぜなら道内にしかいない魚で釣り人は「美しい魚相にかかわらずどう猛な魚でその引きは強烈。手中にすると大岩を乗り超えて深山に分け入った苦労も吹っ飛ぶというもの」とこの釣りの面白さを語る。
 オショロコマはアイヌ語で北海道から樺太にかけて多いことからカラフトイワナの別名も。かっては渓流の雑魚ともいわれたそうだが最近は数が減少して貴重な魚になっている。体長は20cm前後と小型で30cmに達するのはまれ。体の班点が小さいので他のイワナ類と区別ができる。陸封型の魚だが知床の川には海に下るのもいる。もっともアラスカなどの同種は降海するのが普通で70cmにも成長してドリーバーデンと呼ばれる。
 一方、然別湖にだけ生息して地域指定の天然記念物になっているミヤベイワナ。季節限定だが同湖のボート釣りは名物になっている。ちなみに本州に住む近縁種にはニッコウイワナ、ヤマトイワナなどで班点も大きく魚体も大型で釣りの醍醐味になるとこちらが上。ただ食べてはオショロコマ、ミヤベイワナが美味で串焼きや熱燗を注いでつくる骨酒は絶品とされる。