「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

斉藤こずゑのファイターズじゃないと  
このエントリーをはてなブックマークに追加

高梨裕稔選手(たかなし・ひろとし)掲載号:20160915

写真

1991年6月5日、千葉県茂原市生まれ。B型。身長187センチ、体重85キロ。右投げ右打ち。山梨学院大学卒。2013年ドラフト4位で北海道日本ハムファイターズに入団。長身から投じるMAX149キロのストレートが武器。プロ3年目の今シーズン、1軍に定着。開幕後は中継ぎ、後半戦は先発として大車輪の活躍をみせる。背番号39。

1軍定着で充実、野球を楽しめている

ターニングポイントは高校1年の秋

斉藤 高梨裕稔投手がよくヒーローインタビューで口にする「そうですね」というフレーズがファンの間で話題になりつつあります。

高梨 そうですね!あ、いまも出ちゃいました(笑)

斉藤 あはは!!

高梨 昔から口癖で「そうですね」から話し始めないと、次の言葉が出てこないんですよ。

斉藤 最近ではレアード選手がマネをするようになりました。

高梨 そうですね(笑)。僕の言い方が、どこか面白いと感じたのではないでしょうか。

斉藤 つられるようにして、レアード選手の日本語のイントネーションも上手になった気がします。

高梨 確かにうまくなりましたね。

斉藤 選手同士が〝じゃれ合い〟をしていると、チームの雰囲気がいいんだなと感じます。

高梨 チームも好調ですし、負けている試合でもどこかで逆転するのではないかというムードがあります。僕もその流れで勝たせてもらっている部分もあるので、いいムードを壊さないような投球を心がけています。

斉藤 野球をやるようになったのはいつからですか。

高梨 本格的に始めたのは小学2年生です。仲のいい友だちに誘われたのがきっかけでした。

斉藤 最初からピッチャーを?

高梨 いいえ。小学2年から高校1年の秋まではサードを守っていました。

斉藤 なぜピッチャーに転向したのですか。

高梨 千葉県立土気高校の野球部はあまり強くなくて、同学年でピッチャーができる選手もいませんでした。そのため、監督が全員にピッチャーをやらせたところ、たまたま僕の球が速かったので単純に指名されただけです。

斉藤 小学校、中学校ならまだしも、高校でそういうのはあまり聞いたことがないですね。

高梨 そうですよね。それにもともと野球がうまくないんです……

斉藤 いえいえ、そんなことは!?(笑)

高梨 中学卒業とともにやめようと考えていました。中3の最後の大会で後輩にレギュラーを奪われそうになり、「もう無理かな」と。同じ高校に進学する友だちからは「一緒にサッカー部に入らないか」とも誘われていたので。

斉藤 それでも野球をやめなかったんですね。

高梨 いまから本格的にサッカーを始めても活躍できないと思いまして(笑)。結局はずっとやってきた野球をもう3年間続けてみようと決意しました。

斉藤 そして、山梨学院大学でも野球部に入るわけですよね。高校時代にピッチャーに転向したことが長く続けるきっかけになったのですか。

高梨 そうですね。僕の野球人生の中で、確実にターニングポイントでした。(構成・竹内)

……この続きは本誌財界さっぽろ2016年9月号(8月14日発売)でお楽しみください。

HBCラジオ「ファイターズDEナイト!」は好評放送中です!

→Webでの購入はコチラ

【斉藤こずゑ】ラジオパーソナリティー●札幌市出身、札幌大学女子短期大学部卒、A型、てんびん座●趣味…旅行、ビール、スポーツ観戦、歌舞伎鑑賞、蕎麦屋めぐり、料理、恋愛物以外の読書●苦手なもの…小動物、スイーツ