「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

ファイターズの横顔
このエントリーをはてなブックマークに追加

林 昌範選手(はやし・まさのり)掲載号:20090715

写真

1983年9月19日生まれ。市立船橋高校を経て、2002年ドラフト7巡目で巨人に入団。中継ぎ、抑え投手として活躍した。今季、交換トレードで二岡智宏選手とともに日本ハムへ移籍。新天地での活躍に期待がかかる大型左腕。背番号は19。

挑戦 もともとサッカーをやりたかったが、友人の誘いで小学校2年生から野球をはじめた。最初はピッチャーではなく、ファーストを守っていた。
「プロ野球を意識したのは、高校(市立船橋)2年生です。スカウトの人が自分を訪ねてきたとき、プロの選手を相手に自分の力がどこまで通用するのか試してみたいと思ったのがきっかけです」
元同僚の励まし  昨年12月の移籍のとき には「正直、戸惑いがありました」と振り返ったが、林選手を勇気づけたのは大リーグボストン・レッドソックスの岡島秀樹投手からの電話。巨人から日本ハム に移籍した同じ境遇の左腕の激励に、闘志が高まった。巨人からトレードを言い渡されたときには、阿部慎之助捕手からも連絡があった。
「阿部さんとは、ずっと一緒に自主トレーニングをやってきました。バッテリーも組んでいたので、今でも兄貴のような存在です」
昨日の友は今日の敵 5月19日の交流戦で巨人と初対戦。翌20日には、移籍後初勝利を古巣からあげた。
「7年間ジャイアンツに在籍しましたからね。ファイターズのユニホームを着て、真剣勝負することに不思議な感じがしました」
娘とパンダ 先月、東京から応援にきた妻と娘を連れて、旭山動物園に行ってきた。
「当日は、気温がとても高くて、動物もバテていました。猛獣館のライオンですら、日陰で寝てましたからね。去年の9月に生まれた娘は、唯一、ちょこまかちょこまか動き回っていたレッサーパンダに興味津々でした」
ケガとの戦い 昨年は、ひじと肩を痛めて、ボールを投げられない苦しい日々が続いた。個人目標は、シーズン中、チーム優勝のために活躍すること。
「新天地に移籍してきて、期待もされているので、とにかくケガをしないようにやっていきたいです。今年1年間は自分の与えられた役割を最優先に考えて、どんな場面でも投げていきます」
(竹内)

血液型:
身長・体重:

O型
187cm・84kg
左投げ・左打ち

星座:
出身地:
尊敬する選手:

乙女座
千葉県船橋市
阿部慎之助(巨人)

マイブーム:
持ち味:

始めたばかりのブログ
闘志を全面に出す