「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

斉藤こずゑのファイターズじゃないと  
このエントリーをはてなブックマークに追加

杉谷拳士選手(すぎや・けんし)掲載号:20150814

写真

1991年2月4日、東京都練馬区生まれ。B型。身長173センチ、体重77キロ。右投げ両打ち。帝京高校卒。2008年の北海道日本ハムファイターズドラフト6位。明るい性格でチームのムードメーカーだ。スイッチヒッターで、さらに内外野も守れるユーティリティープレーヤー。背番号61。

野球人生がかかった1年。必死です。

アピールプレーをした審判に後日…

斉藤 男性ファンが多いですよね。
杉谷 そうなんですよ。おじさんたちに球場で「ちゃんとやれ!」と叱咤激励をいただき、プライベートでは「明日頑張れよ!」とよく声をかけてもらいます。
斉藤 野球を見る目の肥えている人たちが杉谷選手を応援しているんですよ。「ファイターズDEナイト」でも、例えば、杉谷選手がいいヒットを打った直後に、スチールでアウトになってしまう場面があったりすると、おじさまたちから愛情たっぷりの厳しいひと言メッセージがたくさん届きます。
杉谷 野球を知っている方に応援してもらえるのはうれしいですし、ありがたいことです。
斉藤 野球を知っているといえば、旭川遠征(6月24日・ロッテ戦)でのデッドボールのアピール。よく珍プレー・好プレーなどにも登場する、デッドボールのアピールプレーで有名な達川光男さん(元広島)の名前が、ファンの間で思い出されたでしょうね。
杉谷 そうかもしれませんね。翌朝のニュース番組「サンデーモーニング」(TBS系列)では、ゲスト出演していた村田兆治さんから「喝!」をいただきました。
斉藤 でも、(ご意見番の)張本勲さんは「あっぱれ!」でしたよ。
杉谷 そうでした!
斉藤 本当に当たっていたんですよね?
杉谷 もちろんです!普通に当たったので、僕としてはアピールするのは当然で……
斉藤 ラジオ中継などの放送席は、バックネット裏の上のほうにあるんですが、そこまで杉谷選手の「当たった、当たた!当たた!!」という声が入りましたからね。あのアピールプレーに審判さんも苦笑いで…
杉谷 爆笑されてました。数日後、その審判が塁審をされていて、出塁したときに「先日はどうも」と挨拶をしておきました。
斉藤 (笑)。でも、あのプレーで、やっぱり野球はザッツ・エンターテインメントなんだって、あらためて思いました。

前世はきっとスパイだった!?
斉藤 小さいころはどんなお子さんでした?
杉谷 1歳上の兄はおとなしくて、反対に僕は小さいころからわんぱくで。授業中に抜け出して走り回っていた記憶があります。
斉藤 抜け出す?
杉谷 はい。小学1年生ぐらいのとき、授業中に「コラー、待てー‼」と、よく先生に追われていました。たぶん、それで足が早くなったのかなと。
斉藤 あはは。いま、生かされていますね。お父様は元プロボクサーですよね。
杉谷 気がついたら僕もボクシングをやっていました。父は現役を引退したあと、トレーナーになったので、僕もよくジムについていきました。土日のジム通いは当たり前になっていました。 (構成・竹内)

……この続きは本誌財界さっぽろ2015年8月号(7月15日発売)でお楽しみください。

HBCラジオ「ファイターズDEナイト!」は、優勝に向けて平日試合の前後に放送中です!

→Webでの購入はコチラ

【斉藤こずゑ】ラジオパーソナリティー●札幌市出身、札幌大学女子短期大学部卒、A型、てんびん座●趣味…旅行、ビール、スポーツ観戦、歌舞伎鑑賞、蕎麦屋めぐり、料理、恋愛物以外の読書●苦手なもの…小動物、スイーツ