「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

ファイターズの横顔
このエントリーをはてなブックマークに追加

木田優夫選手(きだ・まさお)掲載号:20100615

写真

1968年9月12日生まれ。日大明誠高校卒業後、86年ドラフト1位で巨人に入団。98年オリックスに移籍。その後、念願だったメジャーリーグに挑戦し、3球団に所属する。昨年はヤクルトに在籍し、今季から日本ハムに加入した。投手。背番号42。

両方好き 野球を始めたのは小学生のとき。父親と兄の影響を受け、地元の少年野球団「スネークス」に入団した。 「当初からプロは意識していた。初めはショートを守っていましたが、ピッチャーにも挑戦した。自分が上級生になったとき、エースでクリーンアップを任されていたので、投げることも打つことも両方好きでした」
止まらない 読書をすると気分転換になる。最近はスターバックスでコーヒーを飲みながら、球界の大先輩である牛島和彦氏の本を読んだ。
「シーズン中は、野球と体に関する本ばかり読んでいます。プレーに集中するためではありません。実は、小説を読み始めると止まらなくなってしまうので…」
木田画伯 特技は似顔絵。巨人時代には“木田画伯”の愛称で雑誌の連載を持っていた。先日、札幌ドームで自身が描いた似顔絵イラストの個展を開催。
「小さいころからマンガが好きだったので、まねをしているうちに自然と身についた。授業中は、よく先生の顔を描いて遊んでいました。似顔絵のコツは特徴を強調すること。でも、その部分が相手のコンプレックスだったりするので、気をつけて描くようにしています」
メジャー 中学時代の海外遠征で異国の地の野球に興味をもつようになった。1999年、FA権を行使してメジャーリーグのデトロイト・タイガースと契約。
「アメリカでプレーして1番感じたことは、球団側の人間がチーム、選手、ファンを本当に大切にしているということ。かっこいい言葉で表現すると“愛してい る”。地域密着型でいろいろなことに取り組んでいます。いい成績は残せませんでしたが、行ってよかった。この経験があるから今でも野球を続けられている」
役に立てればいい 今季から日本ハムの一員となった木田選手は、チームで現役最年長の41歳。
「チームの好不調にかかわらず、選手は必死で野球に取り組み、球団も自分で考えてプレーできる選手を育てようとしている。だから、ファイターズ野球は面白 くなる。昨年、ヤクルトを戦力外になりましたが、ファイターズがチャンスを与えてくれた。個人目標は特にありません。チームが優勝するために、ちょっとで も役に立てればいい」
(竹内)

血液型:
身長・体重:

A型
188cm・95kg
右投げ・右打ち

星座:
出身地:
ニックネーム:

おとめ座
東京都国分寺市
ダーキー

好きな食べ物:
座右の銘:

メロン・カレー・カニ
得意澹然・失意泰然