「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

ファイターズの横顔
このエントリーをはてなブックマークに追加

小谷野栄一選手(こやの・えいいち)掲載号:20090815

写真

1980年10月10日生まれ。創価大学卒業。2002年ドラフト5巡目で日本ハムに入団。昨シーズンは自身最多の60打点をあげる。内外野を守れるユーティリティープレーヤー。今年は内野手に専念している。背番号31。

くぎ付け   小学2年生のとき、プロ野球をはじめて観戦した。東京ドームの日本ハム対近鉄戦だった。
「ショートを守っていた田中幸雄さんのプレーに目がくぎ付けになりました。自分も野球がしたいと、すぐに少年野球団に入りました。当時からプロ野球選手になれると信じていました」
負けたくない  少年野球の試合では、大リーグボストン・レッドソックスの松坂大輔投手と何度も対決した。
「マツ(松坂選手)とは、リトルリーグのチーム『江戸川南』で一緒にプレーもしました。彼は昔から有名で、常に東京地区の代表選手でした。負けたくない気持ちが強かったです」
プレースタイル  小谷野選手は、松ヤニのついたヘルメットをかぶり、ダボダボのユニホームを着こなし、あめ玉をなめてプレーしている。 「今のスタイルは、普段のように余裕を持って、グラウンドに立ちたいと試行錯誤した結果です。僕にとってはすべてがリンクし、欠かせない大切な物です。最近はお気に入りのあめ玉をファンが送ってくれます。自分で購入する量が去年の半分に減りました」
北海道での生活  現在は日本ハムの寮で集団生活を送っている。
「寮生同士を含め、ファイターズの選手はみんな仲がいい。先輩の飯山裕志さんには、いつも悩みを相談しています。内容はヒミツですが…(笑)。リラックス方法は、ドライブです。北海道の道を音楽かけて運転。目的地も決めずに1人で出かけます」
のびのび楽しく  チームは今年、二岡智宏選手の加入や中田翔選手への期待もあり、内野の定位置争いが激化した。
「影響も受けましたが、野球人として成長できたと思っています。昨年以上にファイターズに貢献したいという気持ちが強くなりました。目標は梨田監督を胴上 げすることだけです。個人成績を最優先せず、のびのびと楽しくやっていきたい。日本一に向かって、ファンのみなさんも一緒に球場で戦いましょう」
(竹内)

血液型:
身長・体重:

O型
177cm・83kg
右投げ・右打ち

星座:
出身地:
趣味:

天秤座
東京都江戸川区
ドライブ

好きな芸能人:
好きな歌手:
苦手な食べ物:

吉瀬美智子
lecca
トマト