「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

ファイターズの横顔
このエントリーをはてなブックマークに追加

今浪隆博選手(いまなみ・たかひろ)掲載号:20111015

写真

1984年7月6日、福岡県生まれ。明治大学卒業。2006年の大学生・社会人ドラフト7巡目で日本ハムに入団。昨季、2軍で打率3割4分3厘をマークするなど、シュアな打撃が魅力の成長株。内野手。背番号45

親がどうしても…  兄がソフトボールをしていたこともあり、小学1年生で地元のソフトチームに入団。ただ、熱中した記憶はないという。
「兄と同じほうが何かと楽だったみたいで、親がどうしても入れたかったようです。僕自身、あまり乗り気ではありませんでした」
中学校に入学し、自然と野球部を選んだが、まだ真剣に取り組んではいなかった。
「釣りに夢中でした。週2で野球、週5で釣りをしていた記憶があります」
関西の次は関東  高校に進学する際、「どうせ野球をやるならプロを目指そう」と決意。京都の強豪・平安高校(現龍谷大学付属平安高校)を選んだ。
「地元・福岡の学校に進みたかったのですが、母親から『親元を離れてチャレンジしろ』と言われ決断しました。正直、不安のほうが大きかったです」
大学進学も親の意向が強かった。「関西の次は関東に行け」と言われたという。
「あとになって、その理由を尋ねたら、親は社会人になるまで福岡を離れたことがなく、僕には『いろいろな地域で、さまざまな人と出会い、視野を広げてもらいたかった』と教えられました。今度は『アメリカ(メジャーリーグ)に行け』と言われるかも」(笑)
友人が母親に告白  今浪選手の母親は美人で有名だ。今浪選手が25歳のとき、友人が”本気”で母親に告白したという。
「この事実が周囲に広がって、昨年、バラエティー番組で紹介されたことがありました。僕も番組を見ましたが、とにかく恥ずかしかった。放送が終わってから も大変でした。次の日がデーゲームだったので、早めに寝ようと思ったら、ひっきりなしに知り合いから電話がかかってきて、『告白したのは誰だ?』と。迷惑 でした」(笑)
もっと貪欲に  シーズン後半は1軍に定着。出場試合数も大幅に増えた。すべての成績で自己最高をマークすることができそうだ。
「いい経験をさせてもらっています。課題も見つかったので、次につながる1年になりそうです。来年は、シーズン通して1軍に定着できるように、もっと貪欲 にプレーしていきたいです。これからチームはクライマックスシリーズに向けて頑張っていきます。最後まで温かい声援をよろしくお願いします」
(竹内)

血液型:
身長・体重:

A型

171cm・75kg

右投げ左打ち

星座:

好きな食べ物:

苦手な食べ物:

かに座

とんこつラーメン

ナス

趣味:

ニックネーム:

マンガ

ナミ