「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > レバンガ北海道

ポーツ情報

レバンガ北海道

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

勝又穣次選手(かつまた・じょうじ)掲載号:2009年3月

写真

1981年7月22日生まれ。新潟県出身。大東文化大学卒業後、2004年にオーエスジーフェニックス東三河入団。08年にレラカムイ北海道に移籍。背番号4。ポジションはセンター。パワーを生かしたゴール下での力強いプレーが持ち味。

体調管理 シーズン中はお酒を飲まない。野菜ジュースやサプリメントを多めにとるなど食生活には気を使う。
「小さい時は、母から牛乳ばかり飲まされていた」と笑う。
素人レベル 小学6年で身長は186cm。バスケットのゴールには簡単に手が届いてしまう。スラムダンクの影響もあって中学はバスケ部に入った。しかしドリブルなどの技術はほとんど素人レベルだったという。
「入部してから、単に身長が高いだけじゃダメということに気がついた。1度オールスターに参加したことがあるんですが、ほとんど試合に出れずに悔しい思いをしました。でも自分と同年代の選手の、パワーやスピードのあるプレーを身近で見れたのはすごく刺激になりました」
ラブコール 中学時代ほとんど無名だった勝又選手は、地元の高校に進学する予定だった。しかし遠く福井県の北陸高校から熱烈なラブコールを受けた。
「バスケ部の監督が20回以上誘いに来たんです。夜帰ったのに翌朝また自宅に来たこともある。それで入学を決めました」
プロとの境目 大学では技術以上に、信念や精神力の必要性を学んだ。
「プロに行くと言われていた選手がダメになるのを見てきた。技術以上に自分を強くもってないと生き残れないとすごく感じましたね」
移籍 卒業後オーエスジーフェニックス東三河(現:浜松・東三河フェニックス)に加入。しかしオーエスジーがbjリーグへ転籍したのをきっかけに、08年にレラカムイへ移る。
「オーエスジー時代に、試合でレラカムイファンの熱気に圧倒されたことがある。それまでオーエスジーのファンが日本一だと思っていた。この観客の前で試合できたら楽しいだろうと感じました」
歌詞の意味 趣味は音楽鑑賞。ヒップホップ系の洋楽がお気に入りだ。
「歌詞を訳すのが好きなんです。特にヒップホップは、色々な意味に取れるように作詞しているので面白いです」
ファンへ向けて チームの目標はプレーオフ進出。「レラカムイのファンは日本一です。いつも勇気をもらっています。声援の勢いに乗って勝ち星をつかんでいきたい。あとは、ゴール下の競り合いなど僕のプレーも見てほしいですね」
(安藤健)

血液型:
身長・体重:
足のサイズ:

A型
196cm・105kg
32cm

星 座:
好きな食べ物:
尊敬する選手:

かに座
辛い物
チャールズ・バークレー

趣 味:

喫茶店巡り