「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > レバンガ北海道

ポーツ情報

レバンガ北海道

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャイ・ルイス選手掲載号:2011年3月

写真

1983年2月13日、アメリカ生まれ。アバディーン高校卒業後、ジョージ・メイソン大学に進学。卒業後、アメリカンフットボール選手になる。バスケットに戻り、海外でプレー。2008年レラカムイ北海道と契約。いったんチームを離れるが10年11月に復帰。センター/フォワード。背番号55。

巨大 身長201センチ、体重127キロ。まさにアメリカンサイズの体格だ。ゴール下での存在感は大きく、リバウンドも多く奪う。得点能力も高い。1月29日におこなわれたリンク栃木戦では30得点15リバウンドと大活躍した。
軍のクラブ 5歳でバスケットと出会った。 「両親にボールを持たされて、それからずっと続けています。父は軍のクラブチームでプレーしていました。家族で応援しにいき、戦っている姿を見ながら、自分も将来的にはバスケット選手になりたいという思いが沸いてきました」
アメフト 高校・大学時代はアメリカンフットボールでも活躍していた。卒業後にはNFLでもプレー。しかし、最終的にはバスケットを選択した。 「アメフトは高校から、バスケットは幼いころから始めていたので、バスケット選手にあこがれていた気持ちが、ずっと心の中にありました」
世界中 ボスニア・ヘルツェゴビナ、イスラエ ル、フランス、フィリピンと海外のチームに所属した。 「海外でプレーをしていて、コート外の問題である給料の未払いなどがあったときに、職業としてバスケットを続けるかどうかを考えたこともありました。た だ、バスケット自体をやめようと思ったことは一度もありません」
今まで通り レラカムイ北海道には2008―09年シーズンにも所属していた。その後日本以外の国でプレーし、10年11月に復帰した。チームはシーズン途中でレラカムイから「北海道バスケットボールクラブ」に変わった。
「チームの一員として相手と戦う。この環境がたまらなく好きですね。チームの状況がどうであろうと、ベストを尽くしていきます。目標であるプレーオフ進出を目指して頑張っていく。変わりなく応援し続けてください」
ちなみに出身地のメリーランド州は雪が降るので冬は問題ないという。ただ北海道生活は2度目だが、「いまだにすることがない」と話す。
今は休日にインターネットを通じてアメリカにいる奥さん、子どもと会話を楽しんでいる。
(松田)

星座:
身長・体重:
足のサイズ:

みずがめ座

201cm・127kg

32cm

趣味:
特技:
好きな食べ物:

インターネット
アメリカンフットボール
肉全般

あだ名:
尊敬する人:

ジャイアン
両親