「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 観光・温泉 > 第一滝本館

光・温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

登別第一滝本館 取材日:2018年8月

写真大 1500坪の広さを誇る大浴場

写真 和洋ツインルーム 写真 旬の道産食材が豊富な「収穫祭メニュー」

9月15日からは「たきもと収穫祭」を開催

 第一滝本館は、滝本金蔵が1858年(安政5年)に皮膚病に苦しむ妻のために湯小屋を建てたのが始まり。以来、160年にわたり〝本物の湯〟を守り続けている。
 同館では9月15日(土)から10月31日(水)まで「たきもと収穫祭」を開催している。期間中はビュッフェダイニングにて「秋のおばんざい」をテーマに、秋の道産食材をふんだんに使ったシェフ自慢のメニューが勢ぞろい。また、宿泊では期間限定プランとして、夕食時に1ドリンクが付く「和洋ビュッフェプラン」(1万100円~)と、パンプキンミルクが1杯付く「お食事処『湯の里』スペシャル膳プラン」(1万1600円~)も用意されている。
 7月14日には東館がリニューアルオープン。客室を全室改修したほか、愛犬と一緒に宿泊できる専用部屋を設けた。
 温泉は1500坪の広さの大浴場を完備。中には男女合わせて35もの浴槽があり、効能の異なった5つの泉質を楽しむことができる。

基本データ

住所:
登別市登別温泉町55番地
TEL:
フリーダイヤル0120・940・489/札幌事務所011・232・2000
URL:
http://www.takimotokan.co.jp/

※内容は取材時のものです。料金や宴会プランなど変更している場合がございます。詳しくはお店にお問い合わせください。