「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 観光・温泉 > 白い恋人パーク

光・温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌白い恋人パーク 取材日:2017年5月

写真大 まるで自分が大きくなったように感じる「ガリバータウン」

写真 ボール遊びやパズルなど子どもの好奇心をそそる遊びが充実している「キッズタウン」 写真 今年もバラが咲き誇る「ローズガーデン」 写真 約10分をかけてパーク内を周遊する「白い恋人鉄道」(上)。2階建てロンドンバスも新たに登場(下)

新登場の「ガリバータウン」や「キッズタウン」が人気

「白い恋人パーク」は年間70万人が来場する一大テーマパーク。外国人観光客のみならず地元住民からも愛されており、大台の100万人突破も視野に入っている。
 運営する石屋製菓の「白い恋人」製造ライン移設に伴い、同施設には今年に入って新施設が続々登場。最初の大型連休となったゴールデンウイークは大勢の来場者でにぎわった。
 そのお目当てとなったのが「ガリバータウン」。小さな建物が並んだおとぎ話に出てくるような空間で、子どもたちの空想や夢、冒険心をくすぐる新施設だ。ままごと遊びができる「おみせゾーン」や「おうちゾーン」、遊具で遊べる「プレイスペース」、ゲームに参加できる「イベントひろば」などバリエーション豊かな構成で飽きさせない造りになっている。一方、チュダーハウス内には子どもが夢中で遊べる「キッズタウン」も人気。雨や雪の日でも遊べる施設で、中でも「ブラボー!マット2」はぜひ体験したい。踏むと絵が動く不思議なマットに子どもたちは大喜びだろう。その他、お絵かきコーナーやベビーコーナーも用意されている。
 また、パーク内を周遊する「白い恋人鉄道」や、約200種類以上のバラが咲き誇る「ローズガーデン」などこれまで好評の施設もこの夏にピッタリ。
 なお、ガリバータウンは2〜12歳までが800円、13歳以上が700円。「白い恋人鉄道」1周分、キッズタウン30分の料金が含まれている他、タウン内で使用できる仮想通貨600ガリバーももらえる。ちなみに札幌市民は証明書の提示で100円引きとなる。

基本データ

住所:
札幌市西区宮の沢2条2丁目
TEL:
011・666・1481
URL:
http://www.shiroikoibitopark.jp/

※内容は取材時のものです。料金や宴会プランなど変更している場合がございます。詳しくはお店にお問い合わせください。