「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 観光・温泉 > 道の駅 マオイの丘公園

光・温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

長沼道の駅 マオイの丘公園 取材日:2017年8月

写真大 駐車場は普通車140台、大型車14台を完備

田園地帯の丘陵にたたずむレンガづくりの道の駅

 空知管内長沼町郊外の国道274号沿いにある道の駅「マオイの丘公園」。
 のどかで広々とした田園地帯の中に立地し、サイロをイメージしたという駅舎の屋上にはピラミッド型のガラスオブジェがそびえ立つ。
 同施設の最大の特長は、全8店舗の農産物直売所を併設していること。収穫時期にはその日採れたての新鮮野菜を地元農家が直接持ち込み販売。休憩客や町民のみならず、直売所を目当てに、わざわざ札幌や千歳方面から訪れる人も少なくない。天気の良い週末には駐車場が満杯となり、道路が渋滞するほどの人気だ。
 駅舎2階には「レストラン美夕」を開設。ライスには地元長沼産のみを使用しており、粘り気とふっくらとした食感の「ほしのゆめ」と、さっぱりとした味わいの「ななつぼし」をオリジナルブレンドにして提供している。
 また、全面ガラス張りの窓からは大パノラマの石狩平野が望め、西側の窓では美しい夕日を眺めながらの食事ができる。
 その他、併設してパークゴルフ場(18H)があり、家族連れで楽しむことも。土産では長沼特産のどぶろくを使った「どぶろくプリン(290円)」がおすすめだ。
営業時間 9:00~20:00(5~10月)。

基本データ

住所:
長沼町東10線南7番地
TEL:
0123・84・2120

※内容は取材時のものです。料金や宴会プランなど変更している場合がございます。詳しくはお店にお問い合わせください。