「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 観光・温泉 > 道の駅 ウトナイ湖

光・温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

苫小牧道の駅 ウトナイ湖 取材日:2017年8月

写真大 館内からウトナイ湖を一望できる

年間270種類の野鳥が観察できる道の駅

 水鳥たちの重要な生息地として、ラムサール条約登録湿地となっているウトナイ湖。渡り鳥の中継地ともなっており、年間270種類以上の野鳥が確認されている。10月、11月にはシベリアなどで繁殖を終えたハクチョウ類が越冬のために海を越え渡ってくる。そのため、湖が水鳥たちでにぎわい、間近で観察することができる。
 施設では、地元の食材を使用したグルメ、直売所の新鮮な野菜や切り花なども充実。また、苫小牧市のゆるキャラ「とまチョップ」の〝本籍地〟にもなっていることから、関連グッズも数多く取りそろえている。
営業時間 9:00~18:00(3~10月)、 9:00~17:00(11~2月)。

基本データ

住所:
苫小牧市植苗156-30
TEL:
0144・58・4137

※内容は取材時のものです。料金や宴会プランなど変更している場合がございます。詳しくはお店にお問い合わせください。