「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
20年で年商約70億円。ホテル事業も軌道に掲載号:2020年1月号

写真大

斉藤 三寛氏アスクゲート社長

(さいとう・みつひろ)1973年旭川市生まれ。20歳で独立。2000年にアスクゲートを設立。アスクゲートを持ち株会社とし、人材派遣、飲食、ホテル、保育、自動車販売・整備、介護事業、アグリサービス、日本語学校などを展開。

 旭川市でアスクゲートを設立した2000年から数えて20周年を迎える。社員3人、売上高2000万円の人材派遣会社は20年の時を経て、社員160人、グループ年商70億円に迫る企業へと成長した。「設立当時はとにかく資金がなかった。旭川の取引先には出資も融資もしてもらった。これが信用につながり、金融機関の融資が受けられるようになった」
 写真に映るのは自社ビル屋上からの旭川の街並み。今やマーケットは全国へと広がり、売り上げだけで見れば旭川の比重は大きくない。それでも旭川への感謝は忘れない。ここが原点だ。
 人材派遣を中心に業務は多岐にわたる。成長著しいのはホテル事業。19年は奈良県の温泉旅館の運営も受託した。
「先行投資してきたホテル事業が収益に貢献できるようになった。良い物件があれば、積極的に携わっていきたい」

(五十音順)