「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
社員の意識改革を進め、さらなる成長を目指す掲載号:2020年1月号

写真大

津田 芳典氏シティビルサービス札幌社長

(つだ・よしのり)1980年札幌市生まれ。札幌市内の大手不動産賃貸会社で7年間勤務した後、不動産管理会社に転職。11年独立。「ピタッとハウス南郷7丁目店」「ピタットハウス中島公園店」も運営。

 賃貸物件の管理を主事業に、19年4月には関東に支店を開設。札幌、東北、関東で約6000戸を管理する。
 並行して自社物件の取得も進めており、所有数は19棟にまで拡大。一方、賃貸仲介店「ピタットハウス」の運営では、20年に札幌市内3店舗目となる新店も計画。これに伴い20年は5~10人の新規採用を予定している。
 人員増により、改めて社員の業務レベルの底上げも図る。「顧客オーナーや入居者、引っ越し希望者などと接する場面で重要なのが、説得力と交渉力。物事を点ではなく線でとらえるトレーニングをおこない、成約率向上とクレーム率低下につなげていきたい」
 この教育プログラムは、新規採用者に限らない。
「単なる点の指示では社員は動かない。業務への動機付けが必要です。指導する中堅社員を含め、全社的に意識改革を進めていきます」

(五十音順)