「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
超省エネ建築プランが国の補助事業採用に掲載号:2020年1月号

写真大

山本 謙一氏AURA ARCHITECTS所長

(やまもと・けんいち)1961年札幌市生まれ。北海道大学大学院修了。建築工学修士、1級建築士。公認・不動産コンサルティングマスター資格登録者。日本建築学会、日本建築士事務所協会、日本都市計画家協会正会員。

 札幌、東京の2拠点を往復しながら作品主義にこだわる建築設計と、不動産中心の資産活用などのコンサル業務を展開している。
 19年の実績で特筆すべきは、環境省初の認定事業である「高層ZEH‐M(ゼッチ・エム)」の企画・設計が採択されたこと。
「高断熱によって快適な居住環境を創出し、消費エネルギー収支ゼロを目指す高層マンション計画。ライフワークとしてきた超省エネ技術を北海道で生かし、今回の認定事業で断熱性能で日本一になれた」
 ほかにも1万平方㍍超の公共建築の計画検討業務も依頼された。
「難易度は高いが、蓄積してきたキャリア、潜在力発揮のまたとない機会。手応えを確かめながら1つひとつ丁寧な仕事としたい」 
 多発する自然災害にも、建築や都市環境面から地球温暖化やCO2対策を構想する。

(五十音順)