「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
若者に向けて、ものづくりの魅力を発信掲載号:2019年1月

写真大

親松 誠一氏コーサイ社長

(おやまつ・せいいち)1963年札幌市生まれ。建設会社勤務を経て、88年コーサイ入社。15年から現職。

 建築用金属部材の設計から施工まで手がける。
「機械化やIT化が進んでいますが、職人の技術力を生かした手作業での、ものづくりにこだわっています」
 ベランダなどに用いられる金属製手すりの分野で道内トップシェア。かつては北海道拓殖銀行の道内124支店の銅製看板も手がけた。
 また、道内では珍しい板金1級技能士の資格を持った職人が在籍。銅製屋根の補修など歴史的建造物の再生も担う。
 創業50周年の15年に2代目社長として就任。以降は、内製化に注力。18年11月には中沼工場(札幌)の敷地内に新工場も稼働させている。
 18年は新千歳空港、札幌市円山動物園、後志自動車道などで内外装の金属パネルや看板工事を請け負った。
「技術伝承が業界全体の課題。19年は積極的にPRし、若者にものづくりの良さを伝える。留学生も受け入れていきます」

(五十音順)