「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
終活ブームで急増する生前整理の需要に対応掲載号:2019年1月

写真大

湊 源道氏ルーツ・オブ・ジャパン社長

(みなと・げんどう)1975年札幌市生まれ。大学在学中の96年に起業。07年にルーツ・オブ・ジャパン創業。

 遺品整理の道内最大手。18年もテレビ局などから取材依頼が殺到し、買い取りや運び出しの様子が放送された。
 また、終活ブームで増えた生前整理のニーズにも対応。「プロが教える不要品処分・家財整理」といったテーマで年間30本近くの講演もこなしている。
 さらにタイなど東南アジアの新興国での販売も好調だ。
「東南アジアの人は日本の古い家財道具や着物が大好き。メイドインジャパンには、まだまだ需要があります」
 ネットワークを生かして、北海道のPRにも尽力しており、インバウンドの誘致にも積極的だ。自社リユースショップ「モノココ円山店」(札幌市中央区北6条西23丁目)には、18年だけで1万人ものタイ人観光客が訪れた。
「家財整理は買い取りの目利きが重要。業務を簡略化できる専用アプリも開発した。19年はこれを全国に展開したい」

(五十音順)