「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
拠点を新設。道民の課題をワンチームで解決掲載号:2020年1月号

写真大

川股 修二氏あすか税理士法人代表社員

(かわまた・しゅうじ)1961年恵庭市出身。95年税理士登録し開業。08年法人化。北海道大学大学院法学研究科博士課程修了。(法学)博士。17年札幌学院大学大学院法学研究科教授に就任。日本税法学会会員。

 道内最多となる14人の税理士が在籍する大規模会計事務所を率いる。法学博士の資格を有し、大学院教授として後進の育成にも尽力している。
 19年は新たな拠点が動き出した。「苫小牧支店」に1月から専任の税理士とスタッフを配置。胆振・日高地域にまたがる幅広いエリアを恒常的にカバーできる体制を整えた。
「20年には苫小牧支店をさらに拡大する。自社ビルを竣工し、秋には移転する計画です」
 さらに19年10月には相続や贈与相談の窓口となる「大通Regalo」を札幌市中央区にオープン。市内で4カ所目の拠点で、資産承継などの節税対策に手練の税理士が3人常駐して円満解決に導く。
「19年にはインバウンドやアウトバウンド需要に対応するため税理士を目指す外国人も採用した。税理士それぞれが持つ高い専門性を生かし全道のネットワークを強化する。ワンチームで課題解決に挑む」

(五十音順)