「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
東名阪での売上がグループ全体の約7割に拡大掲載号:2020年1月号

写真大

木村 輝美氏ロジネットジャパン社長兼CEO

(きむら・てるみ)1943年オホーツク管内遠軽町生まれ。62年札幌通運入社。専務取締役などを経て04年に同社社長に就任。05年にロジネットジャパンを設立し、社長に就任。

 19年3月期は売上高、利益ともに過去最高を更新。3カ年中期計画のすべての目標を達成し、20年3月期も増収増益を見込む。
 絶好調の背景にはEC事業の拡大がある。「インターネット通販等を専門に取り扱う営業部隊を東京に、また各エリアの事業会社にもEC事業専門の部隊を新設し、営業・輸送現場の強化を図った」と市場拡大を逃さずとらえる。
 今や東京、名古屋、大阪の売上が全体の約7割に拡大。北海道の札幌通運、ロジネットジャパン東日本、ロジネットジャパン西日本の3ブロック体制に加え、九州にも拠点を新設する。業界は、ドライバーなど深刻な人手不足に直面しているが「先手を打って採用やトラック車両更新に積極投資を進めてきた」と盤石。
 19年からは新中計が進行中。新たな年も圧倒的なコスト競争力を有する総合物流企業への変貌が進む。

(五十音順)