「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
設立30周年。ニセコエリアの町おこしに貢献掲載号:2020年1月号

写真大

吉田 浩憲氏ケントクリエーション社長

(よしだ・ひろのり)1958年生まれ。北海高校、北海学園大学卒業後、大手住宅メーカーに勤務。サラリーマン時代の経験、ノウハウをもとに下宿業界に参入。90年ケントクリエーション設立。17年札幌観光大使に就任。

 下宿オーナー業からスタートし、今では集客サイトを活用した下宿再生コンサルティングや配食サービス、民泊事業などを展開。20年1月に会社設立30周年を迎える。
「下宿という日本古来の文化を現代に残したい。後継者問題や学生の減少など、下宿オーナーが抱える悩みを今後も解決していきます」
 道内全域で下宿の再生に取り組む中で、地域復興に心血を注ぐ地方都市を見てきた。そこで18年からは、官民一体の協業事業にも挑戦している。
 タッグを組んだのはニセコエリア内の後志管内蘭越町で、19年8月には町内に賃貸アパートを建設。20年3月にも2棟が竣工する。
「廃校の危機にある蘭越高校に生徒を呼び込むため、住居の整備を依頼されました。多くの地方都市が若者の流出に悩んでいる。産・学・官が連携した地域活性化事業を学校や自治体に提案していきたい」

(五十音順)