「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
態勢盤石。改革こそが持続的成長の極意掲載号:2020年1月号

写真大

似鳥 昭雄氏ニトリホールディングス会長兼CEO

(にとり・あきお)1944年樺太生まれ。北海学園大学卒業。67年似鳥家具店創業。05年藍綬褒章。07年在札幌フランス共和国名誉領事就任。15年フランスのレジオン・ドヌール勲章受章。17年9月日本経団連の関連組織である経済広報センターから企業広報経営者賞を受賞。

 19年も濃密な一年だった。
札幌市中央区に似鳥美術館を核とする複合施設建設を発表。仁木町で後継難の果樹園を購入。すすきのサンバカーニバルの仕掛人として札幌の夏を盛り上げ、後援会長として新知事を道政に送り出した。「観光、農業、文化の分野で北海道に貢献したい」と地元愛のスケールもケタ外れだ。
 20年2月期は売上高6430億円、経常利益1060億円。驚異の33期連続増収増益を見込む。機能商品の「Nクール」「Nウォーム」などヒット商品を連発し「ニトリを代表する商品が育ってきた結果」と自己評価。 
 20年はベトナムに織り・染め・縫製に特化した新工場も稼働。生産体制も他の追随を許さない。「70代半ばで商売や経営がどんどんわかるようになってきた。改善ではなく改革こそが持続的成長の極意。88歳で3000店、売上高3兆円を是非達成したい」

(五十音順)