「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
外国人とシニア世代の労働市場を創出する掲載号:2020年1月号

写真大

佐藤 良雄氏SATOグループ代表

(さとう・よしお)1953年札幌市生まれ。77年行政書士佐藤良雄事務所開設。
87年キャリアバンク(札証本則上場)、97年給与計算のエコミック(札証アンビシャス上場)設立。士業グループにSATO社労士法人、SATO行政書士法人、三つの労働保険事務組合等がある。キャリアバンク職業訓練協会会長。日本語学校・札幌ランゲージセンター代表取締役。

 国内最大の社労士法人を有するSATOグループ。従業員総数は1400人を数える。写真は18年に移転した新事務所(札幌市東区)内の社労士オフィス。士業で860人の社員を擁し、うち300人が札幌で勤務している。
 19年2月には、アジア圏を中心に21カ国47拠点にBPOを展開する大手グローバルプロバイダのトライコーグループ(香港)と戦略的業務提携を締結。SATOグループの国内顧客5400社に対するアジア圏進出と多国展開を支援する体制を整えた。
 また、人材紹介事業者として「日本の人手不足は、今後ますます深刻化する。労働力として増やすことができるのは外国人とシニア世代だ。ここを活性化させることは、大きな挑戦であると同時に、長く人材サービスに携わってきた自分の使命だと思っている」
 次代を見据えた国内外の布石に抜かりはない。

(五十音順)