「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
新規事業も展開。攻めに転じ、革新成長へ掲載号:2020年1月号

写真大

前川 大輔氏日動社長

(まえかわ・だいすけ)1976年札幌市生まれ。03年日動サービス常務に就任。05年から日動常務、07年より現職。北海道住宅都市開発協会常務理事。日本マンスリーマンション協会理事。

 19年は新規事業として、キッチン、家具家電付きの「ホテルクラッセステイ札幌」をオープンした。
「中長期滞在の需要が予想以上にある。多様化する滞在スタイルに応じられる新種のホテルとして受け入れられた」と手応え。すでに次のホテルの候補地も決まっている。
 また、サービス付き高齢者向け住宅にも進出。貸し方のチャンネルを増やし、さまざまな方向性から拡大していく意向だ。
 19年に供給した分譲マンション2棟約100戸分は、19年中に完売する勢い。大幅ではなくとも着実に実績を積み上げ、19年12月期は10期連続増収増益を見込む。
「何より大事なお客さまに喜んでもらい、お客さまを増やしていく。そして、20年も攻める。やみくもに業務を拡大する膨張ではなく、独自性やノウハウの延長線上で攻め、成長を続けていく」

(五十音順)