「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
地域の課題解決に、ともに取り組む掲載号:2019年1月

写真大

笹原 晶博氏北海道銀行頭取  ほくほくフィナンシャルグループ副社長

(ささはら・まさひろ)1957年2月21日帯広市生まれ。北海道大学教育学部卒業後、79年北海道銀行入行。営業企画室室長、月寒支店長などを経て、10年に代表取締役副頭取、ほくほくフィナンシャルグループ取締役。15年6月から現職。

 18年11月に当別町、北海道医療大学、日本体育大学との4者連携協定を結んだ。学生の地域定着や交流人口の増加など、地域活性化への貢献が期待される。

 人口減少、少子高齢化が叫ばれる北海道経済。「人手不足」と「後継者問題」が喫緊の課題となっている。人手不足に関しては、さまざまな人材紹介会社との業務連携を通じて、経営幹部・顧問クラス・技能者の紹介などをおこなってきた。取引先企業の後継者育成として開催している「道銀・経営塾」は18年に20期目、「幹部育成コース」も9期目を迎えた。

 18年度は中期経営計画の最終年度でもある。

「地域の課題解決のため、地方創生の歩みを止めてはいけない。取引先とともに『食』や『観光』など地域の強みを生かし、さらに磨き上げることで課題解決に取り組んでいきます」

(五十音順)