「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
即戦力となる外国人足場職人の採用に意欲掲載号:2019年1月

写真大

高木 茂光氏セーフティーステップ社長

(たかぎ・しげみつ)1968年札幌市生まれ。97年に札幌で足場レンタルの「セーフティーステップ」創業。現在は足場のパッケージレンタルのほか、販売も手掛ける。

 かねてから建設中だった新社屋が18年9月に完成した。

「仕切りのないワンフロアにし、部門を問わず、社員が情報を共有できるスペースにした。仕事がしやすい環境が整った」

 18年も業績は堅調。とはいえ、多分に漏れず足場業界も人材不足が続く。職人さえいればまだまだ業績は伸ばせる。

「3年間、外国人技能実習制度を利用して母国に帰った外国人足場職人が数多くいる。即戦力となる優秀な人材を発掘し、建設就労者として採用したいと考えている」

 ベトナムなど東南アジアに飛び、面接を重ねているところ。給与や住まいなどの環境を整え、優秀な外国人足場職人を迎え入れる意向だ。

「職人を増やし、育成して、現場をスムーズに動かせるようにしていきたい。当社の足場レンタルを選んでいただいているお客さまの期待に応えていきたい」

(五十音順)