「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
北海道大学と共同研究。AIカメラ開発に注力掲載号:2020年1月号

写真大

鳴海 鼓大氏システム・ケイ社長

(なるみ・たかひろ)1958年日高管内えりも町生まれ。運輸省航海訓練所で大型帆船での数カ国の遠洋航海を経験。電力会社、ソフトウェア会社勤務を経て、91年に同社を設立。19年より国立大学法人北海道大学産学・地域協働推進機構招へい教員。

「先んずれば人を制すの精神で開発を続けてきた。早すぎて失敗したことも多々あるが、今後もその姿勢は変えない」
 20年は創立30周年目を迎える。IT業界において必要なアイデアとスピードを併せ持つ。ガラケー時代に現在のLINEに似たシステムを開発するも失敗。先を行きすぎた故の〝スピード違反〟だろう。
 時代とマッチしたのはネットワークカメラ。アナログからデジタルへの過渡期に、画像圧縮、高速受配信技術を磨き、クラウドのネットワークビデオレコーダーを開発した。
 この開発力に北海道大学も着目。学内にある産学・地域協働推進機構に研究室を設置し、共同研究を開始した。肩書は「国立大学法人北海道大学産学・地域協働推進機構招へい教員」だ。
「ネットワークカメラで蓄積した動画にAI画像認識を用いる。革新的な研究開発をおこなっていく」と意欲的だ。

(五十音順)