「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
創立50年を機に次代に託すコンサル業務を充実掲載号:2019年1月

写真大

池脇 昭二氏アイタックグループ代表

(いけわき・しょうじ)札幌北高、早稲田大学商学部卒。1970年にアイタックグループの核となる池脇会計事務所を開業。09年に法人化。「社長の切り札」「会計事務所の成長戦略」などの著書がある。

 20年に創業50周年を迎える。いまや顧問先は1100社。税理士、公認会計士など約90人を超える社員を擁する道内屈指のコンサルティングファームに育てあげた。

「私も76歳。50周年を機に次世代にバトンタッチすべく自社で実践してきた、社員のやりがいと自主性を高める『参加型経営』をアップデートする。さらにはその手法を働き方改革への対応に悩む企業へのコンサルにも活用したい」

 ともに歩んできた顧問先も、ちょうど事業承継の時期を迎えている。ここ数年、その手の相談が目に見えて増えてきた。ただ、すんなりと承継できるケースばかりではない。そうした企業を救うためにM&Aにも力を入れた。18年だけでも40件以上の事業承継対策やM&Aを支援している。

「私にとってこの2年は、まさに集大成。事業承継、働き方改革等々、すべての面でモデルケースをつくり上げたい」

(五十音順)