「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
創業55年。ものづくりと革製品の伝道師掲載号:2019年1月

写真大

染谷 昇氏ソメスサドル社長

(そめや・のぼる)1951年生まれ。中央大学商学部を卒業後、メーカー勤務を経て76年、ソメスサドルの前身であるオリエント商事に入社。88年ソメスサドル専務、09年、5代目社長に就任。

 鞍や鐙などをつくる日本唯一の馬具メーカー。国内外の競馬騎手はもちろん、宮内庁にも納入実績がある。その技術を生かし職人が手づくりする革製品は、全国で愛用者が増加。海外のセレクトショップからも引き合いがある。

 18年は道外進出を加速。17年の「GINZA SIX」(東京)に続き、18年11月には初のメンズ専門店を「大丸東京店」に出店した。「良い物は大切に、長く使いたいというお客さまが増えています」と、ブランド力の定着に手応えを感じている。

 また異業種から研修や講演依頼も増加。ものづくりへの思いを伝えている。

 創業55年目となる19年は大阪へ出店。修理部門も拡充し、ファンの獲得やリピーターの定着にさらなる歩みを進める。

「当社はマスプロダクツ(大量生産)ではなくクオリティの会社。ものづくりにこだわっていきます」

(五十音順)