「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
創業50年迎え、4月に2トップ体制の承継へ掲載号:2020年1月号

写真大

池脇 昭二氏アイタックグループ代表

(いけわき・しょうじ)札幌北高、早稲田大学商学部卒。1970年にアイタックグループの核となる池脇会計事務所を開業。09年に法人化。「社長の切り札」「会計事務所の成長戦略」などの著書がある。

 グループ中核の池脇会計事務所は、20年の創業50周年を機に事業承継を実施する。

「私は4月に第一線を退き、現在は理事の池脇竜太(写真左)と為広章(同右)の2人

へ承継する。いずれも業務経験は豊富であり、内部的にも対顧客にも心配はない。道内企業の多くも2代目、3代目への承継時期を迎えており、スムーズに運ぶよう適切なコンサルティング業務を進めることに期待している」
 税務・会計業務も変革期を迎えつつある。「自社でも総務・経理の負担軽減を目標にRPA(ロボット)を導入済み。今後はお客さまへの普及を支援し、経営本来の専念度が高まるようお手伝いしたい」
 増加傾向にあるM&A案件の対応や経営セミナーの開催など、各種コンサルティングを通じて道内企業が安定し、
地域経済活性化に結び付く結果をもたらすよう、全スタッフあげて尽力していくという。

(五十音順)