「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
探偵業業界の発展や健全化に向けて精力的に活動掲載号:2019年1月

写真大

山田 聡氏アイ・アイ・エス社長  さくら幸子探偵事務所代表

(やまだ・さとし)1968年石狩管内当別町生まれ。88年より調査業に携わり、数多くの依頼者の悩みを解決に導く。04年から「さくら幸子探偵事務所」を屋号に独立。07年にアイ・アイ・エス設立。16年に全日本総合調査業協会理事、18年に北海道総合調査業協会会長に就任。

「探偵業は届け出制のため、経験や資格がなくても簡単に開業できます。そのため、悪徳業者を排除しきれません。法律を認可制にし、敷居をあげることが、さらなる健全化につながると考えています」 
 その言葉の実現に向け、18年は「北海道総合調査業協会」を立ち上げるなど、探偵業界発展のため精力的に活動した。
 また、世界最大規模の探偵業団体「WAD世界探偵協会」から招待を受け、米国・ラスベガスでおこなわれた総会に出席。57カ国の探偵会社と関係を結び、世界各国で調査をおこなえる体制を整えた。
 業界健全化の中核を担う探偵学校では、個人情報保護を再度徹底。正しい知識を持った卒業生を送り出すことで業界のクリーン化を目指す。
「19年は、企業が海外進出の際に重要となる現地の取引先を調査する部門を強化し、そうした企業の発展にも寄与していきたい」

(五十音順)