「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
創業100周年へ向け道づくりの魅力を伝達掲載号:2020年1月号

写真大

中田 隆博氏道路工業社長

(なかた・たかひろ)1961年札幌生まれ。86年東京都市大学(旧武蔵工大)大学院卒業。97年道路工業副社長、01年社長就任。日本道路建設業協会北海道支部長、北海道舗装事業協会副会長などを兼務。

 17年に竣工した首都圏中央連絡自動車道(圏央道)と18年の東京外環自動車道(外環道)の舗装工事は、首都圏交通ネットワーク改善の重要な事業だった。  
 また、東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地が急きょ札幌市に変更。来春以降、工事が急ピッチで進められる見通しだ。
「まだ具体的な話はありませんが、協力できることがあれば積極的にしっかりと役割を果たします」
 19年は創業95周年、創立70周年を迎えた。その記念事業として「絵本作成プロジェクト」を実施した。若手社員が中心となり制作。子どもたちに道づくりの魅力を伝える内容となっている。この絵本は札幌市内の全児童会館と道内町村へ寄贈した。
「5年後の100周年に向けて、道づくりの魅力を伝達したい。今後も絵本の寄贈を継続していきます」

(五十音順)