「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
充実したサービスで〝重老齢社会〟に対応掲載号:2020年1月号

写真大

阿部 智哉氏向仁会理事長  サポートライフ会長

(あべ・ともや)1961年小樽市生まれ。北海学園大学、日本福祉学院、日本福祉教育専門学校卒業。92年向仁会常任理事就任。01年同理事長、サポートライフ会長就任。社会福祉士、精神保健福祉士。

 寝たきりや認知症などの身体的な衰えが顕著に表れると言われているのが、75歳以上の後期高齢者。25年には3600万人を超すと予想されている。
 このような〝重老齢社会〟に対応すべく、さまざまな施設を整備。その代表が、18年に開設した道内初のユニット型介護医療院「喜郷」だ。
 特長は医療・介護・看護・リハビリ・介護予防・生活支援・住まいを包括的に確保している点。きめ細やかなサービスが可能で、188床がほぼ満室を維持している。
 20年は、2月にミャンマーから15人の特定技能実習生の受け入れを予定。グローバル化とともに介護業界の人材の育成にも力を入れる。
「今後もハード面だけではなく、医療や介護、看護、リハビリ、介護予防などの柱となるサービスとともに、職員の働きやすさも含めたソフト面の充実を図っていきたい」

(五十音順)