「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
事業承継に着手。中核企業の世代交代を図る掲載号:2020年1月号

写真大

大野 末治氏HRMホールディングスCEO兼会長  北海道ロードメンテナンス会長

(おおの・すえじ)1949年北広島市生まれ。75年北海道ロードメンテナンス入社。営業本部長、専務、副社長などを経て07年に社長就任。18年にグループ11社の持ち株会社となる「HRMホールデイングス」を設立しCEO兼会長就任。あわせて11社の会長に就任。

 19年はグループの中核である「北海道ロードメンテナンス」が創業50周年を迎えた。休む間もなく、次の50年に向けて手を打つ。
「企業を永続させるためには世代交代をしていかなければならない。中核である北海道ロードメンテナンスの事業承継を20年春に実行します。トップとしてふさわしい人物に、夢と力、希望を託す」
 自身はグループのシンクタンク的な役割を担う「HRMホールディングス」のCEOに専念。大所高所から全体を統括していく。
「グループ内の統廃合、経営改善、組織改革、効率化を図っていく。給与体系の底上げも含め、社員にとってより良い形にしていく」
 19年に新設した「北海道車輌塗装」の八軒工場も完成。グループだけでも約700台の車両があり、大幅な外注コスト削減が見込める。また1つ楽しみな仲間が加わった。

(五十音順)