「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
グループをスマート化。公私ともパワフルに掲載号:2019年1月

写真大

東原 俊郎氏太陽グループ社長

(ひがしはら・としろう)2000年NPO法人太陽グループボランティアチーム設立。01年公益財団法人太陽財団を設立。 09年7月にわくわくホリデー、同9月に札幌ばんけい社長に就任。

 企業10社で形成する太陽グループ。道内一円に「パーラー太陽」を35店舗、総合旅行業「わくわくホリデー」、スキー場、路線バス事業の「札幌ばんけい」などを擁する。「共に生き、共に喜び、共に栄える」。地域との共生が一貫したグループテーマだ。
「18年は〝シンプル経営〟を心がけた。展開するパチンコホールのリニューアルを進める一方、所有不動産の有効活用を進めた」と組織のスマート化を図った。
 特筆されるのが社会貢献活動のパイオニアとしての一面だ。一例をあげると、北海道の地域づくりを支援する公益財団法人「太陽財団」の助成総額は実に2億3000万円。19年度は助成金を倍増するほか、胆振東部地震への義援金寄付など枚挙に暇がない。 
 一方では、プロトランペッターとしても精力的に活動。新年もブラスロックバンドを率いライブツアーをこなす。

(五十音順)