「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
われわれの旗を掲げる。まずはハワイ2号店掲載号:2020年1月号

写真大

中西 泰司氏どうきゆう社長

(なかにし・たいじ)1954年生まれ。86年どうきゆうにアルバイト入社。96年に玉藤社長。00年どうきゆう社長。まいどおおきに食堂なども展開。12年「ホクショク」買収。16年パスタ専門店「チロリン村」の商標権を取得。北海学園大学で経営学講師も務める。

「とんかつ玉藤」のハワイカパフル店が20年4月で開店3周年。当初から前月比で売り上げを伸ばし続け、今も1時間半待ちが続く大繁盛ぶり。
 徒手空拳から構築した現地との信頼関係は、米国農務省米日農産物貿易の殿堂「ホールオブフェーム」を受賞するなど見事に結実。会計制度や就労環境など、米国進出のノウハウを聞きたいという講演依頼が殺到する。
 もう1つの柱、給食事業は道内約70カ所の社員食堂を受託運営。19年も札幌市白石区内で大手通信系大型コールセンターを新たに受託するなど同社の基盤をガッチリ支える。
「新たな年は8月に玉藤ハワイ2号店を開業予定。米国西海岸、ロサンゼルス出店の足掛かりにしたい。フラッグシップ店を築き、われわれの旗を掲げことで士気も高まる。玉藤のとんかつをハリウッドスターに食べさせたい」と次なる夢と憧れに向け邁進する。

(五十音順)