「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
〝難有〟をありがとうと読む心で難題に立ち向かう掲載号:2019年1月

写真大

村松 弘康氏村松法律事務所所長弁護士

(むらまつ・ひろやす)1946年陸別町生まれ。早稲田大学法学部卒業。99年北海道大学大学院法学研究科修士課程修了。95年札幌弁護士会副会長。NPO法人北海道活性化センター(タクティクス)代表理事。北海道フロンティアカレッジ代表理事。

 道内最大規模の法律事務所。所属する弁護士16人は、それぞれが特定の分野に強みを持つ。難しい事案では優秀な頭脳を持ち寄り、チームワークで難題にも立ち向かう。
「18年は証券被害者救済の集団訴訟を提訴。高裁で2件の逆転勝訴を勝ち取った」と果敢に攻めた。 
 昨今は外国資本が北海道に参入し、M&Aや新規事業の展開など新しいビジネス視点による依頼も増えてきている。
「前例のないケースに挑むことも多い。困難を極めるものほど風穴を開けて勝利をつかまなければならない」  
 また〝人間教育〟をモットーに経営者を育成する「北海道フロンティアカレッジ」を率いて15年が経つ。政財界を支える卒塾生は400人を超えた。「素晴らしい若者や経営者に出会えた。時代を読む力を鍛えながら、今後も北海道に多くのイノベーションを起こしていきたい」

(五十音順)